漫画を読む大人

投稿日: カテゴリー: ブログ新着情報

養老孟司先生がドラゴンボールを読んでいることを知ったとき、

なんとなく、漫画のステイタスも上がったものだと思った。

手塚治虫氏から始まり、様々なジャンルの漫画が日本にはある。

それも、子供が読むのでなく、大人が堂々と読めるのだ。

こういうことで、私は時代の変遷を感じる。

もちろん私も読むのだが、最近は、これといって読んでいない。

やはり、少年時代に少年漫画を楽しみにして読んだ記憶があるから、

その感覚に浸りたいせいがあるのだと思う。

では、漫画をどうすれば大人になっても楽しめるのか?

これが意外と難しい。

自分の趣味・思考が入るから、情報通りに「面白い」本を探せないのだ。

なんて、平和な悩みだろうと、しみじみ思う。