仕事納め

投稿日: カテゴリー: ブログ新着情報

この言葉は、現代社会には実際には当てはまらない場合がるようだ。

医学の分野で、病院に勤めている方や、

公務員、特に防災関係など緊急出動もあるに違いない。

正月の風物詩のおせち料理や、羽子板、凧飛ばしなど

あらゆる情緒を豊かにする日本の風土は確実に変わった。

昔の正月が好きだったが、お年玉がもらえるからだけではない。

親戚関係の絆、祖父母の愛情、様々な人間模様を感じ、

子供は育ってゆく。

そういった下地のできた子供が大人になりながら、

「本来」の日本のあり方を語り、政に興味を持ち、実践したいったのではないだろうか?

白洲次郎氏は、「8月15日以来、日本人に面子なんかない」といっているが、

それでも「戦後日本」を良くしようとしたのも、白洲次郎氏だ。

愛車のポルシェを乗り回す、粋な方だったところも魅力的だ。

そういう愛国者に「政」を是非行ってもらいたいものだ。

そうすれば、また違った「仕事納め」を感じるかも知れない。